オンボロ人生

番匠義彰が監督したコメディ

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

バタヤ集落にとぐろをまく一群、「絵描き」と呼ばれる乞食、文化住宅を夢見るシャンソンと恋人の靴みがきコッペ、好色なバタヤのモン吉とその女房花子、子供の愛ちゃん、威勢のいいハチ公、消息通のバタ屋ニュースヤ、舶来乞食ジャム、元華族のロケット発明狂「御前」、肉体美をほこる心臓グラマー。彼等は一団で崩れかかった倉の中に引っこしたが、そこには知恵のまわりかねる小娘マリ子とその養父が住んでいた。近くの大衆食堂ホルモン軒には、医者のシケタ先生、流しの六さんも集る。女難の六さんはグラマーに追いまわされるが、モン吉の拾った宝クジから三十万円が当った。一同高級レストラン行、姿を消したモン吉はグラマーを囲ったという噂。


解説

サンデー毎日連載中の加藤芳郎の漫画をもとに、「新しい背広」の沢村勉と、「嵐の中の抱擁 おもかげは遥かなり」の富田義朗が脚本を書き、「抱かれた花嫁」の番匠義彰が監督、「逃げだした縁談」の西川亨が撮影したコメディ。主演は「黒い花粉」の佐田啓二、杉田弘子、「七人の女掏摸」の泉京子、それに久方ぶりの宮城まり子。ほかに片山明彦、小坂一也、益田キートンなどが助演。色彩はイーストマン松竹カラー。


配給-
制作国日本 (1958)
ジャンルコメディ 
公式サイト公式サイトはこちら


スタッフ

監督
脚本
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
益田喜頓父つぁん
宮城まり子マリ子
佐田啓二シケタ先生
小坂一也 (Kazuya Kosaka)六さん
泉京子グラマー
片山明彦シャンソン
杉田弘子コッペ
桂小金治モン吉
清川虹子 (Nijiko Kiyokawa)花子
二木てるみ愛ちゃん
日守新一御前
井出忠彦運転手
坂本武ホルモン軒の親父
永井達郎トンコ
殿山泰司 (Taiji Tonoyama)絵描き
舟橋元ジャイアント
大泉滉ハチ公
E・H・エリック (Eric H. Eric)ジャム
北竜二 (Ryuji Kita)金田
浜口庫之助折鞄の男
小林十九二久兵衛
高屋朗押売り
南郷佑児レコード屋
谷崎純モーロク
志賀真津子ニュースヤ
加藤芳郎泥棒
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック