ベイブルース〜25歳と364日〜

伝説の漫才師・河本栄得の壮絶なる実話

上映スケジュールはコチラ!
ベイブルース〜25歳と364日〜
ベイブルース〜25歳と364日〜
ベイブルース〜25歳と364日〜

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

ベイブルース〜25歳と364日〜

漫才師を目指す河本栄得は、高校時代の同級生である相方の高山知浩と共にNSC(吉本総合芸能学院)の門を叩き、7期生として雨上がり決死隊、トゥナイトのなるみ、矢部美幸(ナインティナインの矢部浩之の兄)と机を並べる。卒業後はコンビ名をそれまでの“河本・高山”から“ベイブルース”と改め、上方お笑い大賞最優秀新人賞やABCお笑い新人グランプリなどの新人賞を次々と獲得。当時の若手有望株の筆頭に躍り出た。歌手としてCDリリースも決まり、ベイブルースは将来を嘱望される漫才コンビとなっていった。しかし、何もかも絶好調だった1994年、河本はテレビのロケ中に体調不良を訴え、入院。それからわずか2週間後の10月31日、劇症肝炎による脳出血のため、25年と364日の生涯を閉じる。


解説

かつて風のように時代を駆け抜け、25歳で人生の幕を閉じた若き漫才師・河本栄得。漫才コンビ“ベイブルース”の生みの親である彼は、何を目指し、どんな笑いを求め、如何に生きたのか。彼の死から15年を経て、相方・高山が綴った同名小説を原作に、自らメガホンをとり映画化。主演は、趙タミ和。病魔に襲われながらもお笑い界のトップに向かって駆け上ろうとする河本の姿を鬼気迫る演技で熱演する。一方、相方の高山を、数多くの作品で強烈な存在感を残している波岡一喜が演じる。(作品資料より)


配給よしもとクリエイティブ・エージェンシー
制作国日本 (2014)
ジャンルドラマ 
公式サイト公式サイトはこちら

2014年10月31日より角川シネマ新宿、TOHOシネマズなんばほか全国にて



スタッフ

監督
脚本
原作
エグゼクティブプロデューサー
プロデューサー
撮影
美術監督
音楽
主題曲/主題歌
録音
編集
衣裳
ヘアメイク
ライン・プロデューサー
監督補
制作担当
友情出演

キャスト

俳優名役名
波岡一喜 (Kazuki Namioka)高山知宏 (タカヤマトモヒロ)
趙タミ和 (Tamiyasu Cho)河本栄得 (カワモトエイトク)
小川菜摘高山秋子
安田美沙子高山美喜子
柳憂怜
申相祐
山口馬木也
仁科貴
イ・イルファ (Il-hwa Lee)
かつみ
オール巨人
石田えり (Eri_Ishida)河本末子
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック