顔役無用 男性NO.1(1954)

村田武雄の脚本を本多猪四郎が監督した作品

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

ダフ屋の取締りを一手にする“ビュイックの牧”は、腕っ節が強くバカ正直で気が短かい。彼はダフ屋の顔役“ラッキョウの健”が、招待券を法外な値で流しているのに腹をたてたが、口八丁・手八丁の健に簡単に丸められてしまった。牧にはバー・プランタンのマダムのタカ子という女があったが、タカ子は健に惚れていた。銀座のプレイガイドの売り子のみち子も健の為に切符の横流しをする程健に熱を上げていた。健はデパートの掃除婦をしている母親のおきみに、新橋裏に小料理屋を持たせたいという望を持っていた。


解説

「不滅の熱球」の菊島隆三の原案によって、「沓掛時次郎(1954)」の井手雅人が脚本を書き、「土曜日の天使」の山本嘉次郎が監督、「幽霊男」の山田一夫が撮影に当り、音楽は「億万長者(1954)」の団伊玖磨の担当。出演者は、「密輸船」の三船敏郎、「結婚期」の鶴田浩二、岡田茉莉子、「恋愛特急」の越路吹雪のほかに「この広い空のどこかに」の浦辺粂子、「幽霊男」の藤木悠、「流れ星三度笠」の徳大寺伸、清水元などである。


配給-
制作国日本 (1954)
ジャンルドラマ 
公式サイト公式サイトはこちら


スタッフ

監督
脚本
原案
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
三船敏郎 (Toshiro Mifune)ビュイックの牧
鶴田浩二 (Koji Tsuruta)ラッキョウの健
藤木悠島村一郎
越路吹雪タカ子
岡田茉莉子 (Mariko Okada)みち子
浦辺粂子おきみ
清水元田宮
徳大寺伸犬井
岡豊こけ政
大村千吉袋田
堺左千夫大貫
塩沢とき純子
立花満枝もえ子
沢村宗之助タカ子のパトロン
瀬良明安全経済会渉外課長
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック