風小僧 流星剣の舞

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

盤城の国城下に、風小僧が悪事を働いているという噂がひろがった。実は、かつて風小僧に亡ぼされた悪領主の娘手古奈が、手下の九郎を偽の風小僧にしたてて悪事を働いていたのである。手古奈一行はある日城下の帯広屋を襲った。これを妨げたのは本ものの風小僧であった。が、城下の人々がまちがえて、本ものの風小僧を捕えようとしたため、手古奈一味は逃げてしまった。風小僧配下の陸斎、久太、玉緒らは偽もの退治にのりだした。帯広屋の娘のりと、久太の二人は一味のあとをつけたが捕えられた。手古奈たちは再び帯広屋襲撃を企てた。風のように現れた風小僧は、今度は正面から一味と戦った、悪人は次々と倒され、手古奈も傷を負った。白拍子姿となり踊りながら風小僧を刺そうとした彼女も、やがて息たえた。のりと久太を救い出した城主小六が、風小僧の去ったあと、手古奈の遺体をとむらった。


解説

風小僧シリーズの完結篇。脚本・真弓典正、監督・仲木睦、撮影・森常次と「風雲虹ヶ谷」「風流河童剣」と同じ顔ぶれ。


配給第二東映
制作国日本 (1960)
ジャンル 

1960年05月24日より



スタッフ

監督
脚本
原案
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
山城新伍風の小六
団徳麿上月左門
佐橋敏一八田陸斎
光美知子玉緒
山本順大久太
舟井弘大助
田中亮三信介
石原のり子のり
福本久一福一
藤波英子手古奈
有島竜司九郎
汐路章 (Akira Shioji)吉次
大城泰与八
土橋勇峰丸
神木真寿雄助宗
武熊谷芳三
不二和子さと
近松竜太郎のりの父
和歌林三津江のりの母
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック