映画女優('87)

田中絹代の半生を描く

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

大正14年。女優を志す少女・田中絹代は蒲田撮影所の大部屋女優として採用された。新人の監督清光宏の強い推薦のおかげだった。上京に当っては母のヤエ、姉の玉代、兄の晴次と洋三、それに伯父の源次郎までが関西の生活を捨てて同行することになった。大部屋の給料が10円〜15円だった当時、破格の50円をもらい、清光作品ではいつも良い役がつく絹代に、同僚の嫉妬が集まったが、小さな身体にファイトをみなぎらせて撮影所通いを続けた。そんな絹代の素質を見抜いた五生平之助監督は、撮影所長の城都を説得し、「恥しい夢」の主役に抜擢した。


解説

日本映画史にその名を残す大スター田中絹代の映画デビューの頃から41歳までの半生を描く。脚本は原作となった『小説・田中絹代』(読売新聞社刊/文春文庫版)を書いた「落葉樹」の新藤兼人と「鹿鳴館」の日高真也と同作の市川崑、監督は市川崑、撮影は「雪の断章 情熱」の五十畑幸勇がそれぞれ担当。


配給-
制作国日本 (1987)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚本
企画
製作
プロデューサー
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
製作担当者
助監督
スチール
映画史監修
合成

キャスト

俳優名役名
吉永小百合 (Sayuri Yoshinaga)田中絹代
森光子 (Mori Mitsuko)母・ヤエ
横山道代 (Michiyo Yokoyama)姉・玉代
常田富士男伯父・源太郎
戸井田稔兄・晴次
田中隆三兄・祥三
石坂浩二 (Koji Ishikawa)城都四郎
渡辺徹清光宏
中井貴一 (Kiichi Nakai)五生平之肋
菅原文太 (Bunta Sugawara)溝内健二
平田満 (Mitsuru Hirata)仲摩仙青
岸田今日子 (Kyoko Kishida)釘貫屋の女将
神保共子坂梨たつえ
井川比佐志 (Hisashi Igawa)五十屋時雄
佐藤正文駒井英生
吉宮君子弟子・山下初子
三條美紀べんがら格子の中年女
沢口靖子 (Sawaguchi Yasuko)川島聖子
上原謙上原謙
高田浩吉高田浩吉
小木茂光 (Shigemitsu Ogi)小津安二郎
小池雄介牛原虚彦
野分龍鈴木伝明
長谷川裕二林長二郎
奈良坂篤大日方伝
鈴木誠一坂東好太郎
高橋ちか子梅村蓉子
千種かおる栗島すみ子
佐古雅誉依戸義賢
斉藤美奈子絹代の少女時代
浜村純守衛
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック