五匹の紳士

五社英雄が監督したアクションもの

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

出所を明日にひかえた笈田は、公金横領罪の千石から「三千万円山わけ」の話をもちかけられた。かつて銀行員であった笈田は、何のバックも持たず上役の令嬢洋子を口説き婚約にまでこぎつけたが、交通事故を起し獄中にあった。失った幸福を金で買い戻そうと決心した笈田は、千石の言葉に従って、出獄すると彼の情婦歌子を訪ねた。だが歌子は“訳はいえないが、三人の男を殺して”と頼み、報酬は千五百万円だともちこんだ。三人の男のうち第一の男風太郎の元木は、元警官であったが、彼が検挙した犯人の妻とよ子への同情が愛にかわり、ついに身をもちくずしたのであった。追求する笈田のすきを見て逃げた元木は、何者かに殺害された。


解説

大野靖子と「獣の剣」の五社英雄が共同でシナリオを執筆五社英雄が監督したアクションもの。撮影は「殴り込み侍」の酒井忠。


配給-
制作国日本 (1966)
ジャンルアクション 


スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチール

キャスト

俳優名役名
仲代達矢 (Tatsuya Nakadai)笈田
田中邦衛 (Kunie Tanaka)梅ケ谷
中谷一郎 (Ichiro Nakaya)冬島
平幹二朗 (Mikijiro Hira)千石
井川比佐志 (Hisashi Igawa)元木
桑野みゆき奈津子
川口敦子歌子
葵千代あけみ
上原ゆかり
天本英世
辰巳八郎
木村俊恵洋子
岩崎加根子とよ子
中村たつ照子
野村昭子おかみ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック