シンデレラ

自らの手で幸せを掴みとる現代のシンデレラ

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

シンデレラ

エラの家に、父の再婚相手とその二人の娘がやって来る。やがて父が亡くなり、彼女たちはエラを“灰まみれのエラ”シンデレラと呼び召使いのように扱い始める。ある日エラは、森でキットというハンサムな青年と出会うのだった。その後、城で国中の未婚女性を招待した舞踏会が開かれる。エラは継母たちに置いていかれるが、そんな彼女の元にフェアリー・ゴッドマザーが現れ、エラが舞踏会に行けるよう、魔法で彼女に美しいドレスやカボチャの馬車を与える。


解説

誰もが知る美しいおとぎ話“シンデレラ”が、ポジティブで現代的な解釈と美しい映像で現代に蘇った。現代のシンデレラは、ただ王子様からもたらされる幸福を待つだけではなく、優しさと勇気を武器に、困難に立ち向かう強さを持った女性だ。そして王子様も、彼女に釣り合うように成長してこそ、幸福を手にできるのだ。この、世界中の誰もが知る大役を、オーディションで掴みとった文字通りの“シンデレラ・ガール”は、上気したような頬が初々しさを感じさせるリリー・ジェイムズ。継母を演じるケイト・ブランシェットを相手に回して、堂々たる存在感を見せている。美しく絢爛豪華な魔法の世界を作り上げた監督は『マイティ・ソー』のケネス・ブラナー。


配給ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
制作国アメリカ (2015)
ジャンルラブ・ストーリー SF/ファンタジー
公式サイト公式サイトはこちら

2015年04月25日より全国にて



スタッフ

監督
脚本
製作総指揮
製作
撮影
プロダクション・デザイン
音楽
編集
衣裳デザイン

キャスト

俳優名役名
リリー・ジェームズ (Lily James)Ella/Cinderella (エラ/シンデレラ)
ケイト・ブランシェット (Cate Blanchett)Stepmother (まま母)
ヘレナ・ボナム=カーター (Helena Bonham-Carter)Fairy Godmother (フェアリー・ゴッドマザー)
リチャード・マッデン (Richard Madden)Prince (王子)
ソフィー・マクシェラ (Sophie McShera)Drisella (ドリゼラ)
ホリデイ・グレインジャー (Holliday Grainger)Anastasia (アナスタシア)
デレク・ジャコビ (Derek Jacobi)King (王)
ステラン・スカルスガルド (Stellan Skarsgard)Grand Duke (大公)
ノンソー・アノジー (Nonso Anozie)Captain (キャプテン(大尉))
ベン・チャップリン (Ben Chaplin)Ella's Father (エラの父)
ヘイリー・アトウェルElla's Mother (エラの母)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック