天の茶助

筋書きどおりの人生なんてクソくらえ!

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

天の茶助

ひとりひとりの人間の運命は、天界にいる脚本家たちのシナリオ次第で左右される。天界の茶番頭・茶助は、気になるユリという女性のシナリオを見守っていたが、交通事故によって彼女に死が迫っている事を知る。ユリを救えるのは天界の住人だけ。事故を回避させるため茶助は自ら下界に降りる。沖縄の商店街に降り立った茶助は、親しくなった骨董品屋の種田とラーメン店の彦村の助けを得て、ユリ救出に向かうが…。


解説

もしも脚本家の意のままに人生が進んで行くのなら、すべては彼らの資質と心根次第という事になる。それぞれが愛着のある主人公の人生を描出し、さらにすべての脚本は連動している。脚本の出来が悪ければ、映画にも悲惨な末路が待っているわけで、奇抜だけれど、そんな含みのある設定にまず笑える本作は、『弾丸ランナー』『幸福の鐘』の監督SABUオリジナル・ストーリーによる疾走感溢れる愛と爆笑のファンタジー活劇。主演は『うさぎドロップ』でもタッグを組んだ松山ケンイチ。共演は大杉漣、伊勢谷友介、寺島進など。第65回ベルリン国際映画祭コンペティション部門上映作品。


配給松竹=オフィス北野
制作国日本 (2015)
ジャンルドラマ SF/ファンタジー ラブ・ストーリー
公式サイト公式サイトはこちら

2015年06月27日より全国にて



スタッフ

監督
脚本
原作
エグゼクティブプロデューサー
製作
プロデューサー
制作
撮影
美術
音楽
音楽プロデューサー
主題歌
録音
音響効果
照明
編集
衣裳
ヘアメイク
ライン・プロデューサー
助監督
制作担当
SFX/VFXスーパーバイザー
グレーディングアーテイスト
企画開発

キャスト

俳優名役名
松山ケンイチ (Kenichi Matsuyama)茶助 (チャスケ)
大野いとユリ (ユリ)
大杉漣 (Ren Osugi)種田
伊勢谷友介 (Yusuke Iseya)彦村
玉城ティナ (Tina Tamashiro)
寺島進 (Susumu Terashima)
今野浩喜
山田親太朗
オラキヲ
RYO (RYO)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック