辻が花

立原正秋の同名小説を映画化

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

遠野夕子は今年三十三歳。着物がよく似合う美人である。夕子は、米沢の紬織元へ仕入れに行った帰りの列車で、久しぶりに諸田四郎に会った。二人は五年前の事を想った。大学生の四郎に夕子が、もう東京の彼女のマンションへ訪ねて来るのはやめてほしい−−といったことを。四郎にとってそれは苦しい想い出だった。地方の支局から本社へ戻り鎌倉の家へ帰った四郎と、友人の静子が鎌倉で始めた呉服屋を手伝うようになっていた夕子は又時々会えるようになったのだ。四郎の目にかがやきが見られた。


解説

原作は、愛のきびしさを追求して評判の立原正秋の同名小説。脚本は「婉という女」の鈴木尚之。監督は「甦える大地」の中村登。撮影は「初笑い びっくり武士道」の川又昂がそれぞれ担当。


配給-
制作国日本 (1972)
ジャンルドラマ 
公式サイト公式サイトはこちら


スタッフ

監督
脚本
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
助監督
製作協力
スチール

キャスト

俳優名役名
岩下志麻 (Iwashita Shima)遠野夕子
佐野守諸田四郎
中村玉緒 (Nakamura Tamao)小原静子
北竜二 (Ryuji Kita)諸田清隆
宝生あやこ諸田きみ
三谷昇諸田一郎
谷口香諸田道代
松坂慶子 (Matsuzaka Keiko)柿下くみ子
大塚君代柿下すみ江
三崎千恵子 (Chieko Misaki)藤岡よね子
山口崇藤岡正憲
入川保則遠野治雄
岡田英次 (Eiji Okada)田畑
加島潤出羽屋主人
山本幸栄番頭
村上記代女中
江藤孝調査部員
笠智衆 (Ryu Chishu)老人
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック