お笑い捕物帖 八ッあん初手柄

笑いをふりまきつつ犯人を追いつめる喜劇

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

大工の八五郎は捕物狂で同じ長屋の熊五郎、辰吉、更に小唄師匠のおしげまで口説き落し、変装しては歩き廻る。或る夜、黒頭巾の賊五六人にぶつかり、八五郎は目を廻した。長屋の面師源兵衛が作ったのと同じヒョットコの面を賊の一人がつけていたのに八五郎は気づく。その疑いで源兵衛は目明し源太に召取られた。おしげの弟清吉も若い目明しだが、彼は源兵衛の娘お花と恋仲である。黒頭巾はついに長屋まで荒しまわる。


解説

「人間魚雷回天」の須崎勝弥が椿澄夫と共同で脚本を書き、「初笑い底抜け旅日記」と同じく青柳信雄が監督を、山崎一雄が撮影を、三木鶏郎が音楽を担当。主なる出演者は「初笑い底抜け旅日記」のエノケン、金語楼、三木のり平、柳沢真一、榎本雅夫、三田照子、小堀明男、中村是好のほか「恋化粧」の池部良と越路吹雪、「あんみつ姫」の二条雅子など。


配給-
制作国日本 (1955)
ジャンルコメディ 


スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
製作担当者
助監督
スチール

キャスト

俳優名役名
榎本健一八五郎
柳家金語楼熊五郎
三木のり平辰吉
古川緑波大家
森川信源太
柳沢真一丹次郎
榎本雅夫丹次郎の友
小堀明男清吉
中村是好彌兵衛(面師)
池部良奉行
越路吹雪おしげ
二条雅子お花
藤間紫お伝
三田照子熊五郎女房
塩沢とき辰吉女房
丘寵児浪人
徳大寺君枝浪人の女房
沢村いき雄権次
大村千吉万太
南道郎そば家の客1
国友昭二そば家の客2
如月寛多大家の番頭
桜井巨郎源兵衛
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック