警視庁物語 顔のない女

警視庁物語シリーズの第九話

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

土曜日の午後−−人々が憩いと喜びのうちに平和なひとときを楽しむ間にも犯罪は起り、刑事たちからその休日を奪う−−。惨たる兇劇−−荒川土手に女のバラバラ死体が上る。死体は胴の部分だけ。そのうち対岸に両足が発見された。解剖の結果同一人物の胴と足であることが判明した。しかも被害者は三十歳前後の女、死亡推定日は三日前、死体は絞殺後切断されたこと、足の長さから身長は一米五五センチ、卵巣の手術の跡……等のことが同じく判明した。唯一の手掛りとも云うべき証言−−新荒川大橋で三日前「5す21……」と云うナンバーの車から一人の男が何かを投げ込もうとしていた−−も実験の結果は芳しいものではなかった。


解説

東映お馴染の警視庁物語シリーズの第九話。「濡れた瞳」の長谷川公之の脚本を「今は名もない男だが」の村山新治が監督、「母と娘の瞳」の高梨昇が撮影した。


配給-
制作国日本 (1959)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
松本克平捜査課長
神田隆捜査主任
堀雄二長田部長刑事
南廣山村刑事
花澤徳衛林刑事
山本麟一金子刑事
須藤健渡辺刑事
佐原広二高津刑事
片山滉法医技師
岩上瑛水上艇の係員
潮健児米倉仙三
久保一印半纏の男
小林寛写真を売る若い男
今井俊二成田
杉義一吉岡
谷本小夜子よし子
星美智子キミ子
佐久間良子 (Sakuma Yoshiko)令子
松本幸治令子のフィアンセ
沢村貞子香村の妻
浦里はるみヒサ子
川崎羚子久美子
小宮光江サリイ
戸田春子サリイの母
高橋とよ (Toyo Takahashi)パリス化粧販売部長
成瀬昌彦パリス化粧セールスマン
浜田格解剖医
加藤嘉歯科医
広田新二郎釣人
皆川一郎漁師風の男
菅井きんアパートのおかみさん
白河青峰院長風の男
豊野弥八郎小間物問屋の店員
関山耕司バスの中の男
山本緑整形病院の看護婦
滝謙太郎ストリップ劇場の支配人
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック