鮮血の手型

八尋不二の脚本を原研吉が監督した作品

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

塙左近は大江戸の盛場で近頃顔を売っている浪人者だったが、絶対に刀を抜かないことと人前で肌を脱がないことでも有名であった。ある夜流しの姉妹が覆面武士たちに囲まれているのを助け、姉は見失ったが、妹みどりを家へ連れ帰った。その夜以来細川家の江戸屋敷では次々と家臣が殺され、常にその現場には大きな鮮血の手型が残されてあった。八丁堀同心黒部三十郎は左近を犯人と思い込み、つけまわしていたが、禁制のキリシタン宗徒をさぐる女間諜お吟も、左近に近づいていた。


解説

製作は「風雲金毘羅山」の小倉浩一郎に石田清吉が協力、脚本は「妻恋坂の決闘」の八尋不二、監督は「悲恋草」の原研吉。主な俳優陣は、歌舞伎の市川小太夫、「東京キッド」の美空ひばり「裸女の愁い」の花柳小菊、「東京の門」の村田知英子、新派の小堀誠、それに最初主演を予定されていた阪東妻三郎が病気回復して軽い役で特別出演している。


配給-
制作国日本 (1950)
ジャンルドラマ 
公式サイト公式サイトはこちら


スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
特別出演

キャスト

俳優名役名
市川小太夫 (Kodayu Ichikawa)塙左近
美空ひばり (Misora Hibari)みどり
花柳小菊おけい
村田知栄子お吟
小堀誠細川刑部
南光明高木主水正
堺駿二勘六
永田光男浪人辰馬
北竜二 (Ryuji Kita)黒部三十郎
富本民平奥平玄蕃
山路義人草鹿甚兵衛
玉島愛造門番五平
八坂照子腰元小菊
日野道夫取次山里
笹川富士夫老中松平大和守
光妙寺三郎松尾主膳
田中謙三草鹿の部下境
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック