天使のはらわた 赤い眩暈

わけあり男女の愛の逃避行

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

土屋名美は22歳の看護婦で、将来は同棲中のカメラマン太田健一と結婚したいと考えていた。ある晩、名美は夜勤で病院にいたが、患者からナース・コールが入り、病室へと急いだ。しかし、そこで二人の患者に犯されそうになる。必死の思いで逃げ出し家に戻ったが、マンションでは健一がモデルの真子と抱き合っていた。名美は悔しさで、家を飛び出していって……。


解説

恋人に裏切られた女と客の金を使い込んでしまった証券マンとの愛の逃避行を描く。原作・脚本は「天使のはらわた 赤い淫画」などの“天使のはらわた”シリーズや「死霊の罠」(脚本のみ)の石井隆で、初めて監督も務めた。撮影は「DOOR」の佐々木原保志が担当。


配給-
制作国日本 (1988)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚本
原作
企画
プロデューサー
撮影
美術
録音
照明
編集
助監督
スチール

キャスト

俳優名役名
桂木麻也子土屋名美
竹中直人 (Naoto Takenaka)村木哲郎
小林宏史 (Hiroshi Kobayashi)太田健二
山内ゆうほ浅野真子
泉じゅんあゆみ
江崎和代野川
大鷹明良
高橋滋己橋本
永谷悟一初老の患者
木村孝志GS従業員A
山田ヒトミGS従業員B
柄本明 (Akira Emoto)暴力団の男
木築沙絵子その情婦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック