麦笛

室生犀星原作を映画化

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

大正の中頃、倉敷の松山寺の息子伸夫は読書や詩作にふける日を送っていた。彼の詩友で髪結の息子表は、環境のためか早熟だった。伸夫は姉照代が愛ももたずに嫁いだ気持が分らなかった。権現さんの茶屋の娘お玉が寺にお詣りに来て、下駄の鼻緒を切った時、伸夫は彼女に不思議な圧迫感を覚え、手拭を投げあたえた。お玉は表に伴われ礼に来たが、伸夫の無礼な態度に腹を立てた。表のとりなしで一緒に海岸へ行ったものの、お玉と表の親密げな様子に伸夫は逃げる様に立ち去った。芝居見物の時識らぬ娘に対する表の態度に伸夫は怒り、決闘状をつきつけた。しかし決闘場へはお玉が来て、激しく伸夫をなじった。


解説

室生犀星原作の『性に目覚める頃』から「或る女」の豊田四郎と「泉へのみち」の池田一朗が共同で脚本を書き、豊田四郎が監督に当る。撮影は「女性に関する十二章」の三浦光雄。出演者は「潮騒(1954)」の青山京子、久保明、太刀川洋一、「女給」の越路吹雪、「めくら狼(1955)」の志村喬、「浮雲」の中北千枝子の他、三好栄子、浪花千栄子、浜田百合子、藤原釜足など。


配給-
制作国日本 (1955)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚本
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
久保明 (Akira Kubo)伸夫
太刀川寛 (Hiroshi Tachikawa)
青山京子お玉
越路吹雪お松
志村喬伸夫の父
中北千枝子伸夫の姉照代
三好栄子伸夫の叔母
浪花千栄子表の母
浜田百合子 (Yuriko Hamada)表の姉瑞枝
藤原釜足 (Kamatari Fujiwara)斎藤老人
塩沢とき茶屋の女中
左卜全警官
三條利喜江劇場の女
東静子劇場の女の娘
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック