男ありて

菊島隆三の脚本を丸山誠治が監督した作品

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

プロ野球スパローズの監督島村は、野球一筋の男だった。家族にも相談せず、新人投手大西を我が家に同居させた。家をかえりみない島村に引きかえ、大西は島村の子供と親しくなり、やがて娘のみち子と愛しあうようになった。試合のとき大西は村島のサインを無視して本盗を敢行し、その一点で勝ちをえたが、サインに従わなかった大西を島村は詰問し、口論の末に殴ってしまった。大西は素直に謝ったが、これを知ったみち子は父に腹をたて、家出をした。主将の矢野は二人の真面目な愛情を知り、大西を自分の家に引取り、みち子は女友達の家に泊めて貰った。翌日の試合で、島村は審判の宣告に抗議し、興奮のあまり塁審をなぐりつけた。


解説

脚本は「不滅の熱球」の菊島隆三が書き卸し、「君死に給うことなかれ」の丸山誠治が監督に、「浮雲」の玉井正夫が撮影にあたる。主なる出演者は「ゴジラの逆襲」の志村喬、「天下泰平」の三船敏郎、「浮雲」の岡田芙莉子、「泉へのみち」の藤木悠のほか、夏川静江、清永将天、清水元などで、試合場面には中日ドラゴンス・ダイアモンズ選手が出場している。


配給-
制作国日本 (1955)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
助監督

キャスト

俳優名役名
志村喬島村達郎
夏川静江妻きぬ江
岡田茉莉子 (Mariko Okada)娘みち子
伊東隆息子照夫
三船敏郎 (Toshiro Mifune)矢野光男
藤木悠大西博
清水元小池
清水将夫瀬川記者
土屋嘉男丸山選手
松尾文人北岡選手
加東大介雑誌記者
恩田清二郎殴られる塁審
河崎堅男葬儀屋主人
森啓子みち子の友達
河美智子みち子の友達
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック