サラリーマン目白三平 亭主のためいきの巻

「女房の顔の巻」に続く目白三平もの

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

目白三平は国鉄勤続二十五年平凡なサラリーマンだ。二人の育ち盛りの子供をかかえ、文子夫人は苦しい家計のやりくりに、ついグチも出る。長い結婚生活の疲れが二人に訪れてきたのだ。そんなある日、三平の郷里信州から、遠い姪にあたる柏木みさ子が彼を頼って上京してきた。旅館で病気になり一文もない彼女に三平は小遣い三千円をはたき、その上どうしても帰郷しないというので行きつけの喫茶店青い鳥の住込店員に使ってもらうことにした。若くて美しい姪の出現、三平は心うきうき帰宅したが、使い果たした小遣いの手前もあって文子夫人にはこのことを言いそびれた。三平は酒が飲めないので大の宴会ぎらいだが、臨時出費の穴埋めに課長から借金したため交換条件に定例の懇親会に出るハメとなった。


解説

「サラリーマン目白三平 女房の顔の巻」に続く目白三平もの。スタッフ・キャストはいずれも前作と同じ顔ぶれである。パースペクタ立体音響。


配給-
制作国日本 (1960)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
製作担当者
助監督
スチール

キャスト

俳優名役名
笠智衆 (Ryu Chishu)目白三平
望月優子目白文子
坂下文夫目白春木
日吉としやす目白冬木
水野久美柏木みさ子
船戸順高山良介
団令子高山つぶら
松本染升柏木雄太郎
三田照子久野洋子
浜美枝 (Mie Hama)久野敦子
賀原夏子海野夫人
宮田芳子佐々木夫人
三島耕先生
松村達雄相馬課長
加代キミ子相馬夫人
田島義文柴田
伊藤久哉大沢
田村まゆみ小牧和子
左卜全ゴムヒモ売りの老人
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック