アロウヘッド

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

1878年。リオ・グランデ附近はアパッチの脅威下にあった。騎兵隊長ウェイブライト大佐は、アパッチと和議を講ずるつもりだったが、隊付きの偵察員エド・バーノン(チャールトン・ヘストン)はアパッチの卑怯性を説いてこれに反対し、そのためくびにされる。しかしバノンの説いた通り、騎兵隊はアパッチに襲われ、大佐は戦死してしまった。バノンの身の回りを世話するニータ(カティ・フラード)はスペイン系と自称し、その兄もスパニッシュと呼ばれて隊の雑用をしていたが、バーノンは彼らがアパッチ族の出自であることを知っていた。アパッチのなかでももっとも凶暴なトリアーノ(ジャック・パランス)は、バーノンに個人的なうらみを持ち、白人襲撃のチャンスをうかがっていた。ニータは素性を見破られたと知ってバーノンを狙ったが、果たせずに自ら命を絶つ。トリアーノは公然と騎兵隊に挑戦してきた。新隊長ノース大尉(ブライアン・キース)は強引な作戦に出て失敗し、指揮権をバーノンにゆずった。騎兵隊はかなりの被害を受け、アパッチに包囲されたまま夜を迎えた。そして朝早く、バーノンは単身トリアーノに挑戦し、激しい闘いの末、ついに彼を倒すのだった。


解説

ナット・ホルトが「ミズーリ大平原」についで製作した1953年作色彩西部劇。「アスファルト・ジャングル」のW・R・バーネットの原作から「ミズーリ大平原」のチャールズ・マーキス・ウォーレンが脚色監督にあたった。撮影、音楽は「ミズーリ大平原」と同じく、レイ・レナハン、ポール・ソーテルがそれぞれ担当。「黒い絨毯」のチャールトン・ヘストン、「第2の機会」のジャック・パランス、「美女と斗牛師」のカティ・フラード、ブライアン・キース、メアリー・シンクレア、ミルバーン・ストーンらが出演する。


配給映配
制作国アメリカ (1953)
ジャンル 

1954年11月13日より



スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
録音
編集
作曲
テクニカラー・カラー・コンサルタント

キャスト

俳優名役名
チャールトン・ヘストン (Charlton Heston)Ed_Bannon
ジャック・パランス (Jack Palance)Toriano
カティ・フラード (Katy Jurado)Nita
ブライアン・キース (Brian Keith)Capt.North
メアリー・シンクレア (Mary Sinclair)Lela_Wilson
ミルバーン・ストーン (Milburn Stone)Sandy_Mackinnon
リチャード・シャノン (Richard Shannon)Lt.Kirk
リュイス・マーティン (Lewis Martin)Col.Weybright
フランク・デ・コヴァ (Frank de Kova)Chief_Chattez
ロバート・J・ウィルク (Robert J. Wilke)Sgt.Stone
ピーター・コウ (Peter Coe)Spanish
カイル・ジェームス (Kyle James)Jerry_August
ジョン・ピッカード (John Pickard)John_Gunther
パット・ホーガン (Pat Hogan)Jim_Eagle
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック