ファースト・ラブ(1978)

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

ニューイングランドのリッジデイル・カレッジで学ぶエルジン(ウィリアム・カット)は古風ともいえるモラルを守り、イージーな気持ちで女の子とつきあえないため、キャンパスの『変わり種』であり、常に孤独だった。隣室のデビッド(ジョン・ハード)は正反対のプレイボーイで、その夜も、デビッドの部屋に来ていたシェリー(ビヴァリー・ダンジェロ)との情事の最中、正式なガールフレンドのフェリシア(ジューン・バレット)が訪ねてきたため、大慌て。シェリーは裸のままエルジンの部屋に逃げこむが、ガールフレンドを1人も持たず、読書と勉強にうちこむエルジンに好奇心を抱く。翌日、前夜の礼のつもりでデビッドはエルジンとシェリーのデートのお膳立てをし、デビッドもフェリシアを連れて町のレストランに出かける。しかしエルジンの視線はモーションをかけてくるシェリーにではなく、別のテーブルに座っている美しい娘に注がれてきた。中年紳士にエスコートされたその娘こそエルジンが長年心に描いていた女性だった。その夜部屋にあがりこんだシェリーをエルジンは拒み、傷つけられたシェリーはとり乱して部屋を出ていった。数日後、学校のコーヒーショップでアルバイトしているエルジンは、そこであの夜の女性キャロライン(スーザン・デイ)とめぐりあう。彼女の本にコーヒーをこぼしたことから新しい本をもって彼女の寮を訪れることになる。エルジンの心ははずんだ。キャロラインと一緒の時を過ごしたいばかりに、同じ授業をうけるエルジン。そんなある日、キャロラインにさそわれてコンサートに出かけたエルジンは、あの夜キャロラインをエスコートしていた紳士ジョン・マーチ(ロバート・ロッジア)を紹介される。彼は妻のアン(ヴァージニア・リース)を伴っていたが、エルジンはキャロラインとジョンの間に特別な関係のあることを感じとる。コンサートの帰路の途中、キャロラインは、エルジンの部屋で一夜をすごしたいといい、夜が明けた時、2人は結ばれた。しかしエルジンはキャロラインがジョン・マーチの愛人であることを確信し、暗い嫉妬に悩まされるのだった。数日後、初めてキャロラインの自宅に招かれたエルジンは彼女に結婚を申しこむが、経済的な基盤がないことを理由にキャロラインは返答を避けた。しばらくして、キャロラインはジョンからの電話で、アンとの離婚が成立したら自分と結婚する気であることを知る。キャロラインがジョンと結婚する気であることを知ったエルジンは、彼女を忘れようとして、たまたま出会ったシェリーを抱くが、気持ちはまぎれなかった。数日後、夜中にキャロラインがエルジンの部屋を訪ねてきた。ジョンの離婚の話が嘘だと知って彼と別れて来たというのだ。しかし、よりがもどったように見えた2人にはかつての情熱がさめていた。2人は正直な心を打ちあけ合った。そして実家に帰るキャロラインを駅に見送ったエルジンは、それが2人の別れであることを感じた。


解説

ニューイングランドの大学のキャンパスを舞台に、男女の青春をつづった初恋物語。製作は「卒業」のローレンス・ターマンとデビッド・フォスター、監督はジョーン・ダーリング。ハロルド・ブロッドキーの原作をジェーン・スタントン・ヒッチコックとデビッド・フリーマンが脚色。撮影はボビー・バーン、音楽監修はジョエル・シル、挿入歌はキャット・スチーブンスとポール・ウィリアムスが各々担当。出演は「キャリー」のウィリアム・カット、スーザン・デイ、ジョン・ハート、ビヴァリー・ダンジェロ、ロバート・ロッジア、ジューン・バレット、ヴァージニア・リースなど。


配給パラマウント=CIC
制作国アメリカ (1977)
ジャンル 

1978年07月01日より



スタッフ

監督
脚本
原作
製作
撮影
音楽
字幕

キャスト

俳優名役名
ウィリアム・カット (William Katt)Elgin
スーザン・デイ (Susan Day)Caroline
ジョン・ハード (John Heard)David
ビヴァリー・ダンジェロ (Beverly D'Angelo)Shelley
ロバート・ロギア (Robert Loggia)John_March
Tom Lacy (Tom Lacy)Professor_Oxtan
スウォージー・カーツ (Swoosie Kurtz)Marsha
ジューン・バレット (June Barett)Felicia
ヴァージニア・リース (Virginia Leith)Ann
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック