丘は花ざかり('52)

石坂洋次郎の小説を映画化

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

香月美和子は東洋評論社の入社試験に見事パスした。彼女は姉信子夫婦の家に同居していた。主人の高畠氏は実直な紳士で、信子は何の不自由もなかったが、刺戟のない日常生活に退屈して子供の学校のPTAの役員になって活躍するようになった。信子はここで同じ役員の石山春雄と親しくなった。石山はキザだが、女には非常に親切な男で、「山猫」というバアのマダム白川朝子のパトロンだった。信子の美しさにひかれた石山は色々な手段を使って彼女の心をとらえようとしていたが、世間知らずの彼女は誘惑の甘さにぐんぐんひかれて行きそうだった。


解説

「足にさわったおんな」の藤本真澄の製作。原作は石坂洋次郎の朝日新聞連載小説で、「東京の恋人」の井手俊郎と「おかあさん」の水木洋子が脚色、「東京の恋人」の千葉泰樹が監督している。撮影は久しぶりの中井朝一、出演者の主なものは、「お茶漬の味」の木暮実千代、「足にさわったおんな」の池部良、「結婚案内」の杉葉子、「娘はかく抗議する」の高杉早苗その他の助演陣。


配給-
制作国日本 (1952)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
清水将夫高畠勇造
木暮実千代 (Michiyo Kogure)高畠信子
杉葉子香月美和子
池部良野崎正也
山村聡 (Soh Yamamura)野呂良三
上原謙石山春雄
瀧花久子加代
三津田健山田社長
高杉早苗白川朝子
志村喬木村健吉
中北千枝子岩本ひさ子
汐見洋平田宗人
沢村貞子神崎アヤ子
広瀬嘉子夏江
浦辺粂子お國
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック