おふくろ('55)

田中千禾夫の戯曲を久松静児が映画化

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

静と英一郎、峰子の親子は、都心を離れた郊外で二階借の貧しいながらも愛情に満ちた家庭であった。英一郎は大学を卒業して仙台の銀行に就職口が出来たが東京で一緒に暮したがっている静を見ると決心がつかなかった。峰子は女子体育大学生の活発な娘で友人の照子と貞子は、共に英一郎に淡い慕情をよせていた。英一郎と同窓の蒲原や照子の兄も就職先がなく、三人は時折喫茶店に集っては憂をはらしていた。或日、九州から伯父の源造が上京した。静は故郷の噂話を懐しんだが、源造に帰郷を勧められると、にべもなく断ってしまった。


解説

田中千禾夫の戯曲『おふくろ』『橘体操女塾裏』より井手俊郎が脚色、久松静児が監督、姫田真佐久が撮影、「警察日記」のスタッフが当り、音楽は「浮雲」の斎藤一郎が作曲した。出演者は「晩菊」の望月優子、「億万長者(1954)」の木村功、「鶏はふたたび鳴く」の左幸子ほか宍戸錠、明石淳子、沢村貞子、宇野重吉、千石規子、二木てるみ等である。


配給-
制作国日本 (1955)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚本
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
望月優子小倉静
木村功小倉英一郎
左幸子 (Hidari Sachiko)小倉峰子
宍戸錠 (Jo Shishido)蒲原茂市
深江章喜
明石淳子関照子
織田政雄関の父
相馬幸子関の母
高田敏江貞子
沢村貞子宗像夫人
田中元治宗像良
桂典子宗像美枝
宇野重吉 (Jukichi Uno)源造
千石規子 (Noriko Sengoku)お内儀さん
二木てるみ留ちゃん
北玲子峰子の友達A
竹内洋子峰子の友達B
藤代鮎子喫茶店のマダム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック