四つの恋の物語('65)

西河克己が監督した女性もの

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

三沢平太郎が定年退職した夜、四人の娘は菊ごはんで祝ってくれた。妻なきあと、男手一つで育てた四人の娘。長女の一代は結婚に破れたが、二美子にはきまった相手がいるし、三也子は快活、志奈子も素直な娘で、何も心配はいらなくなった。平太郎は退職金を五十万円ずつ分配すると、経済的責任から解放され、自分の生活を楽しもうと宣言した。五十万円ずつもらった四人の娘は、その使途もまちまちであった。一代は喫茶店の経営を考え、二美子は婚約者の長田の商売を助けるため、そっくり与え、志奈子は競馬に賭けた。


解説

源氏鶏太原作“家庭の事情”より、「青春のお通り」の三木克巳が脚色、「悲しき別れの歌」の西河克己が監督した女性もの。撮影は「泣かせるぜ」の岩佐一泉。


配給-
制作国日本 (1965)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチール

キャスト

俳優名役名
芦川いづみ三沢一代
十朱幸代 (Toake Yukiyo)三沢二美子
吉永小百合 (Sayuri Yoshinaga)三沢三也子
和泉雅子三沢志奈子
笠智衆 (Ryu Chishu)三沢平太郎
浜田光夫 (Mitsuo Hamada)久保隆太
関口宏尾崎良彦
藤竜也 (Tatsuya Fuji)長田吉夫
横山道代 (Michiyo Yokoyama)玉子
賀原夏子とき
浜川智子圭子
松下達夫泰造
原恵子弓子
宮沢尚子交換手
長尾敏之助同僚A
二木草之助同僚B
小野武雄同僚C
伊達満同僚D
紀原土耕板前
吉田毅チンピラA
田村清臣チンピラB
緑川宏医師
白木マリ「フィフィ」のマダム
堺美紀子デザイナー
三船好重女中
下元勉紳士
小柴隆試験場の係員
和田美登里看護婦
内海錠二ボーイ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック