イル・ポスティーノ

青年の成長を温かくユーモラスに描く

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

南イタリアの小さな緑の島。ある日、チリの偉大な詩人で外交官のパブロ・ネルーダが祖国を追放されてイタリアに亡命し、この島に滞在することになった。世界中から届くファンレターを配達するため、青年マリオは臨時の配達人として採用された。彼はネルーダの温かみのある人柄に引かれ、2人の間には、いつしか友情が生まれる。ネルーダは美しい砂浜で自作の詩をマリオに聞かせ、穏やかで不思議な感覚を与えた。彼はまた詩の隠喩について語る。


解説

ナポリ沖合の小さな小島を舞台に、貧しい純朴な青年が、島を訪れた詩人との友情を通して次第に自己に目覚め、愛を知り、人間として成長していく姿を、温かくユーモラスに描いた感動編。実在したチリの偉大な詩人パブロ・ネルーダ(1904〜73)をモデルに、同じチリの作家アントニオ・スカルメタが書いた小説『バーニング・ペイシェンス(燃える忍耐)』(本邦未訳)を、「スプレンドール」などに主演したイタリアの喜劇俳優マッシモ・トロイージが映画化した作品。10年来の親友であるイギリスのマイケル・ラドフォード(「白い炎の女」)に監督を依頼し、予定していた心臓移植の手術を延期してまで撮影に臨んだが日に日に極度に体力が衰えて、クランク・アップの12時間後、95年6月4日に41歳の若さで夭折した。アメリカではジュリア・ロバーツ、スティング、マドンナら、この映画に感動した人々がサントラ盤用に、ネルーダの詩の朗読に参加したのも話題となった。


配給-
制作国イタリア=フランス (1994)
ジャンルドラマ 
公式サイト公式サイトはこちら


スタッフ

監督
脚本
原作
エグゼクティブプロデューサー
製作
撮影
美術
音楽
編集
衣装デザイン
字幕

キャスト

俳優名役名
マッシモ・トロイージ (Massimo Troisi)Mario
フィリップ・ノワレ (Philippe Noiret)パブロ・ネルーダ
マリア・グラッツィア・クチノッタ (Maria Grazia Cucinotta)ベアトリーチェ
リンダ・モレッティ (Linda Moretti)ローザ
ロナート・スカルパ (Ranato Scarpa)電信技師
アンナ・ボナイウート (Anna Bonaiuto)マチルデ
マリアンヌ・リジオッロ (Mariano Rigillo)ディ・コジモ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック