上映中

マンチェスター・バイ・ザ・シー 一般

凍てついた心を抱えて生きてゆく

上映スケジュールはコチラ!
マンチェスター・バイ・ザ・シー
マンチェスター・バイ・ザ・シー
マンチェスター・バイ・ザ・シー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

マンチェスター・バイ・ザ・シー

ボストンで便利屋として黙々と働きながら日々をやり過ごす男リーのもとに兄ジョーの訃報が届く。取り返しのつかない過ちを犯して以来離れていた故郷の小さな町マンチェスター・バイ・ザ・シーに戻ったリーは、弁護士から兄の遺言を聞かされ愕然とする。忘れ形見で16歳になる甥パトリックの後見人に指名されていたのだ。甥っ子は可愛いが、兄が望むように町に戻って一緒に暮らすことは到底受け入れられないことだった。


解説

許せないのは自分自身。傷心や悔恨という言葉では語り尽くせない深い哀しみに沈んだ男を主人公にした完璧な脚本である。たとえ絶望のどん底に落ちても、生きている限り日々の営みは続いてゆく。それは時に残酷なことだが、同時に希望を芽生えさせもする。本作でアカデミー賞脚本賞を授賞したケネス・ロナーガン監督のストーリーテリングが冴える。さらに、同賞主演男優賞に輝いたケイシー・アフレックが、魂の抜け殻のようになった主人公リー・を演じて見事だ。また、繊細さとユーモアを兼ね備えたパトリック役のルーカス・ヘッジス、リーと悲劇的な過去を共有する元妻ランディを演じたミシェル・ウィリアムズも出色の出来。


配給ビターズ・エンド、パルコ
制作国アメリカ (2016)
ジャンルドラマ 
公式サイト公式サイトはこちら

2017年05月13日よりシネスイッチ銀座、新宿武蔵野館ほか全国にて



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック