青春の門 自立篇('77)

前作「筑豊編」に続く第二作目。

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

「目をそらすな! 人間は目をつぶった瞬間にやられるんだ!」石井講師の怒声はピンポン球と共に唸りを生じて、次から次へと信介の顔をめがけて飛んで来る。昭和二十九年、信介は新しい世界に自由を求めて、早稲田大学に入学した。やがて、信介は奨学金を受けながら、石井講師の家に住みこみ、ボクシングの特殊な訓練を受けるようになっていた。ピンポン球はテニスボールになり、ついには石灰をまぶしたソフトボールになっていた。信介は、次々と飛んで来るそのボールをいつしか頬に石灰のあとを残すほど僅かによけて、決っして当らない技術を習得。同時に、目をつぶらない人生をも教えられた。入学当初の信介は、それこそ赤貧洗う如しという状態であった。


解説

新しい世界に自由を求めて上京し、貧しい学生生活と友情の中で育つ信介を描く。脚本は「青春の門(1975)」の早坂暁と浦山桐郎の共同、監督も同作の浦山桐郎、撮影は「喜劇 百点満点」の村井博がそれぞれを担当。


配給-
制作国日本 (1977)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚本
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
製作担当者
助監督
記録
スチール
製作宣伝
合成

キャスト

俳優名役名
田中健 (Ken Tanaka)伊吹信介
大竹しのぶ牧織江
いしだあゆみ (Ishida Ayumi)カオル
高橋悦史石井
伊東辰夫緒方
高瀬春奈慶子
高山彰浜崎
梅宮辰夫 (Tatsuo Umemiya)人斬り英治
小林旭 (Akira Kobayashi)塙竜五郎
梢ひとみ初美
結城マミナオミ
宇津宮雅代石井俊子
岡田英次 (Eiji Okada)結城実
村上冬樹 (Fuyuki Murakami)結城家の執事
高橋信子花月のおかみ
小松方正産婦人科医者
初井言栄照葉のママ
森下哲夫照葉のバーテン
鈴木芳太郎銭湯の刺青男
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック