上映中

メットガラ ドレスをまとった美術館

NYの美の祭典の全貌を追うドキュメンタリー

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

メットガラ ドレスをまとった美術館

NYにあるメトロポリタン美術館、通称“メット MET”。ここで年に一度、世界最大のファッションイベント「メットガラ」が開かれる。雑誌「VOUGUE」編集長でありメットの理事でもあるアナ・ウィンターが主催し、メットの服飾部門の資金集めが目的。2015年の服飾部門の企画展覧会は、西欧のデザイナーが魅せられた中国風の美をテーマにした「鏡の中の中国」。カメラは企画展と、そのメットガラ開催に向けて動く人々を捉える。


解説

ふだん私たちが何気なく見ている、美術館の企画展。その裏側でいかに多くの人々が時間や労力を費やしているのだろう。このドキュメンタリーは、そうした一般人には見えない美術館、そしてイベントの裏舞台を見せてくれる。カメラが追うのは主に2人。ひとりは企画展「鏡の中の中国」を立案し、アイデアを練って各方面と折衝を繰り返すメットのキュレーター、アンドリュー・ボルトン。もうひとりは企画展にも関わりながら、セレブが集まるイベント「メットガラ」も主催するアナ・ウィンター。映画『プラダを着た悪魔』のモデルとも言われる、「VOUGUE」の辣腕編集長だ。普段はとくにハイファションに興味がない方でも、十分に楽しめる内容だ。


配給アルバトロス・フィルム
制作国アメリカ (2016)
ジャンルドキュメンタリー 
公式サイト公式サイトはこちら

2017年04月15日よりBunkamura ル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほか全国にて



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック