破れ傘長庵

森一生が監督した異色時代劇

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

江戸の町医者良伯のもとで見習中の長蔵には、普通人では到底考えも及ばないほどのず太さと賢さがあった。猛毒を仕掛けた猫を料理して吝坊の良伯や小僧に食べさせ、けろっとして工合を見るという男だった。良伯の養女お加代だけにはかねて好意を抱いていたが、夜ともなれば質屋の後家さんの伽ぎを勤めてはお小遣いを貰い、何くわぬ顔で女中にも手を出すという達者なところをみせていた。良伯は器量よしのお加代を利用して出世を目論んでいた。それを知った長蔵は腕ずくで彼女を犯し、激怒して破門を命ずる良伯から口止め料を強請り取って姿を消した。


解説

「抜打ち鴉」の犬塚稔と「雲右衛門とその妻」の辻久一が共同で脚本を執筆、「陽気な殿様」の森一生が監督した異色時代劇。撮影もコンビの今井ひろし。


配給-
制作国日本 (1963)
ジャンル任侠/時代劇 


スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
勝新太郎 (Shintaro Katsu)長蔵
藤村志保 (Fujimura Shiho)りよ
福田公子小鶴
万里昌代お加代
二代目中村鴈治郎良伯
天知茂藤掛道十郎
丹羽又三郎に組の千太郎
中村豊次郎一
角梨枝子お信
多々良純御家安
伊達三郎 (Saburo Date)玄沢
南条新太郎佐田源次郎
西岡慶子お留
東良之助但馬屋松右衛門
寺島雄作唐木清兵衛
水原浩一坂田三十郎
橘公子お房
藤川準与茂兵
越川一番頭種吉
芝田総二おでん屋の亭主
千石泰三目明し富蔵
南正夫庄兵衛
小林加奈枝お百
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック