伊豆の踊子('60)

川端康成の同名小説の三度目の映画化

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

昭和の初め、春浅き伊豆路をゆく疲れた足どりの一行があった。中年女のたつに、娘の千代子、その愛人栄吉、千代子の異父妹薫、それに傭いの踊子百合子で、彼らは旅芸人だった。その同じ道を、一高生の水原と友人坂本が修善寺をさして歩いていた。その夜、宴会の席に出た薫は、官吏の客に無理やり盃をさされ困惑しているところを同宿の水原に助けられた。翌日、後になり先になり天城越えをする薫と水原のむつまじい姿がみられた。


解説

川端康成の同名小説の、今回は三度目の映画化で、「美貌に罪あり」の田中澄江が脚色し、「手さぐりの青春」の川頭義郎が監督した。撮影も「手さぐりの青春」の荒野諒一が担当。


配給-
制作国日本 (1960)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
鰐淵晴子踊り子薫
津川雅彦 (Masahiko Tsugawa)学生水原
桜むつ子たつ
田浦正巳栄吉
城山順子千代子
瞳麗子百合子
中村是好小間物屋
戸塚雅哉学生坂本
佐竹明夫事務官
吉川満子茶店の老婆
小林十九二湯ヶ野の洋品店主人
浅茅しのぶ花菱の女将
野辺かほる甲州屋の老女中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック