今週公開

Don't Blink ロバート・フランクの写した時代

92歳の伝説的写真家が自らの人生を語る

上映スケジュールはコチラ!
Don't Blink ロバート・フランクの写した時代
Don't Blink ロバート・フランクの写した時代
Don't Blink ロバート・フランクの写した時代

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

Don't Blink ロバート・フランクの写した時代

“写真界の巨匠”ともいわれるロバート・フランクは、1947年、23歳の時にスイスから単身ニューヨークに渡る。55年にグッゲンハイム財団の奨学金を得て全米を旅し、そこで撮影した写真をまとめ、58年に写真集『アメリカ人(Les Americans)』を発表。この写真集は大きな反響を呼ぶが、その後フランクは映像作品に活動を移していく。本作は現在92歳になるというロバート・フランクの、過去と“いま”を捉えたドキュメンタリー。


解説

写真集「アメリカ人」は、ウィリアム・クラインの「ニューヨーク」と並んで、現代アメリカ写真の源流と言われている作品。繁栄に湧くアメリカの別な面を捉えた、ロバート・フランクが発表したこの作品は、のちの写真家に大きな影響を与えた。70年代にはローリング・ストーンズの名盤「メインストリートのならず者」のジャケット写真撮影や、同時期に行われたツアーのドキュメンタリー『コックサッカー・ブルース』の監督として、ロックファンにも知られようになった。この作品は内容の過激さから一般公開はされなかったが、本作ではその一部を見る事ができる。しかし本作の魅力は、何もよりもインタビュー嫌いで、あまり姿を現さないロバート・フランクの“いま”の姿が見られる事かもしれない。


配給テレビマンユニオン
制作国アメリカ=フランス (2015)
ジャンルドキュメンタリー 
公式サイト公式サイトはこちら

2017年04月29日よりBunkamura ル・シネマほか全国にて



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック