上映中

トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡 一般

小さなローカル私鉄、銚子電鉄が映画に

上映スケジュールはコチラ!
トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡
トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡
トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡

父を亡くし、銚子の街で母とふたりで暮らす杏子は、地元の小さな私鉄・銚子電鉄と高校生ランナーとのレースを企画。地元メディアにも注目されるが、最終ランナーが決まらず焦っていた。その頃、鉄道写真マニアの熊神は、人生に疲れて銚子を訪れたキミエと出会う。キミエの世話をすることになった熊神は、少しずつ彼女のことを理解していく。その頃、銚子電鉄側に思いがけない故障が起き、運転士の磯崎はレースを諦めようとするが……。


解説

千葉県の最東端をいまも走り続けるローカル私鉄「銚子電鉄」にまつわる小説「トモシビ 銚子電鉄の小さな奇蹟」が原作。ひとりの女子高校生を主人公に、銚子電鉄と高校生ランナーの競走を物語の軸にしながら、乗客や車掌、撮り鉄の青年など登場人物たちの人間模様が交差する人間ドラマだ。メガホンをとったのは、『の・ようなもののようなもの』の杉山泰一監督。ローカル私鉄を支える人々と、電車とともに地元で暮らす人々との交流を温かく、爽快に描かれるところに注目。主演には映画初主演の松風理咲が抜擢。「よゐこ」の有野晋哉、『エミアビのはじまりとはじまり』の前野朋哉らが脇を固めている。もちろん、もうひとつの主役・銚子電鉄の佇まいも目に焼き付けたい。


配給トモシビパートナーズ
制作国日本 (2016)
ジャンルドラマ 
公式サイト公式サイトはこちら

2017年05月20日より新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック