上映中

パリが愛した写真家/ロベール・ドアノー<永遠の3秒>

20世紀を代表する写真家の人生と創作の秘密

上映スケジュールはコチラ!
パリが愛した写真家/ロベール・ドアノー<永遠の3秒>
パリが愛した写真家/ロベール・ドアノー<永遠の3秒>
パリが愛した写真家/ロベール・ドアノー<永遠の3秒>

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

パリが愛した写真家/ロベール・ドアノー<永遠の3秒>

ロベール・ドアノー、その名前は知らなくとも「パリ市庁舎前のキス」という写真を目にしたことのある人は少なくないだろう。1950年にアメリカの雑誌『LIFE』の依頼で撮影されたこの一枚は、1980年代にポスターとして発売されたことがきっかけで、一躍、世界中で知られるようになった。以来、「パリ市庁舎前のキス」は、“ロマンチックなパリ”の代名詞として今でも広く愛され続けている。本作は、写真家ロベール・ドアノーの人生と創作の秘密に迫る、初めてのドキュメンタリー。撮影風景やインタビューなどの当時の貴重な資料映像や、女優のサビーヌ・アゼマなど親交のあった著名人による証言により、数々の名作を残したドアノーの写真家人生を浮き彫りにする。監督は、ドアノーの孫娘であるクレモンティーヌ・ドルディル。(作品資料より)


解説


配給ブロードメディア・スタジオ
制作国フランス (2016)
ジャンルドキュメンタリー 
公式サイト公式サイトはこちら

2017年04月22日より東京都写真美術館ホール、ユーロスペースほか全国にて順次公開



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック