上映中

犬ヶ島

昭和レトロな日本で愛犬探しの旅に出よう!

上映スケジュールはコチラ!
犬ヶ島
犬ヶ島
犬ヶ島

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

犬ヶ島

近未来の日本。ドッグ病が蔓延し、人間への感染が恐れられているメガ崎市では、小林市長がすべての犬をゴミの島である“犬ヶ島”に追放する。数ヶ月後、その島に12歳の少年が小型飛行機でやってくる。孤児になり市長の養子になっていたアタリだ。アタリは自分の護衛犬だったスポッツを探しに来たのだった。島で出会った5匹の犬たちと、アタリはスポッツを探しに島を巡る旅に出る。一方、メガ崎市では、犬を全滅させる陰謀が進められていた。


解説

『グランド・ブダペスト・ホテル』のウェス・アンダーソン監督が、『ファンタスティック Mr.FOX』に続いて取り組んだストップモーションアニメ。その舞台は「20年後の日本」とされるが、どう見ても戦後まもなくの日本映画に出てきそうな、不思議な昭和ワールドだ。そして日本の話なので、人間の多くが話すのは日本語だが、なぜか犬は英語で話すのも面白い。とにかく表情豊かな人形たちの名演技には驚くし、どこからどこを取ってもウェス・アンダーソンのこだわりが映し出された画面が素晴らしい。ビジュアルのディティールが細かく、背景まで情報量が多いのだ。そして、とにかく豪華な声の出演者たち。それも大スターというより、玄人受けする俳優たちというのも憎い。和太鼓を基調にした音楽も印象的だ。


配給20世紀フォックス映画
制作国アメリカ (2018)
ジャンルアニメーション 
公式サイト公式サイトはこちら

2018年05月25日より



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック