上映中

パリ・オペラ座 夢を継ぐ者たち

リハーサル風景を中心に伝統の“継承”を描く

上映スケジュールはコチラ!
パリ・オペラ座 夢を継ぐ者たち
パリ・オペラ座 夢を継ぐ者たち
パリ・オペラ座 夢を継ぐ者たち

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

パリ・オペラ座 夢を継ぐ者たち

パリ中心部にある、オペラ座のリハーサル室で、ダンサーたちが踊りの練習をしている。世界最高峰のダンサーたちが集まるオペラ座だが、それを支えているのは日々の厳しい指導と練習だ。かつてエトワールとして人気を得ていたアニエス・ルテスチュは、今は後輩たちの指導をしていた。そして現在の首席エトワールとしてバレエ団を代表するマチュー・ガニオが、新しい舞台に挑戦する姿も見える。オペラ座に関わるダンサーたちを、多くのリハーサルとインタビューで綴るドキュメンタリー。


解説

フランス国王ルイ14世により創設されたという、歴史と伝統を持つバレエ団、パリ・オペラ座。正式名称は、「パリ国立オペラ」だが、これはオペラだけでなくバレエ団も含んだもの。本作はそのパリ・オペラ座バレエ団のメンバーたちに、おもにリハーサルを通して迫ったドキュメンタリーだ。第一線で活躍するダンサーたちの踊りだけを見せるのではなく、かつてのエトワールで今は振り付けなど裏方に回った人たちや、憧れのダンサーたちをうっとり見つめるバレエ学校の子供たちなどの姿も映し、このバレエ団で伝統がいかに受け継がれていくかを見せてくれる。所属するトップダンサーたちのダンスはもちろん、その教師や振付家たちの素顔も見られるのは貴重。監督は『ロパートキナ 孤高の白鳥』など、バレエドキュメンタリーを数多く手がけているマレーネ・イヨネスコ。


配給ショウゲート
制作国フランス (2016)
ジャンルドキュメンタリー 
公式サイト公式サイトはこちら

2017年07月22日よりBunkamura ル・シネマほか全国にて順次公開



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック