上映中

静かなる情熱 エミリ・ディキンスン 一般

私の魂は私のもの―孤独な詩人の永遠の叫び

上映スケジュールはコチラ!
静かなる情熱 エミリ・ディキンスン
静かなる情熱 エミリ・ディキンスン
静かなる情熱 エミリ・ディキンスン

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

静かなる情熱 エミリ・ディキンスン

19世紀半ばの米国マサチューセッツ州。福音主義的な教え方に反発してマウント・ホリヨーク女子専門学校を退学したエミリ・ディキンスンは、両親と兄オースティン、妹ラヴィニアが暮らすアマストの実家に戻る。早速、父に願い出て午前3時から夜明けまでの時間に詩を書く許可を得て詩作に没頭する。しかし、地元の新聞に初めて自作が掲載されると、編集長から「女に不朽の名作は書けない」と釘を刺される。


解説

なんと正直な人間だろう。偽善を許さず、魂の自由を守るために自室に引きこもり、独身で無名のまま55年の生涯を閉じたエミリ・ディキンスン。没後に1800篇もの詩稿が発見され、今では米国が誇る女性詩人として称えられる彼女の半生を描いた本作。脚本と監督は『遠い声、静かな暮らし』の英国の名匠テレンス・デイヴィス。機知に富んだ会話を楽しむディキンスン家であっても、家父長制のくびきからは逃れられず、女は表舞台に立つ事ができない時代に信念を貫いたヒロイン。叶わぬ恋や容貌への劣等感に苦悩し、何一つ思い通りにならないと嘆く姿をも熱演した『セックス・アンド・ザ・シティ』のシンシア・ニクソンが素晴らしい。


配給アルバトロス・フィルム、ミモザフィルムズ
制作国イギリス=ベルギー (2016)
ジャンルドラマ 
公式サイト公式サイトはこちら

2017年07月29日より岩波ホールほか全国にて順次公開



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック