はつ恋('75)

ツルゲーネフの同名小説の翻訳映画化

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

高校2年、16歳の由木原一彦は、母の雅代と共に、海に近い田舎にある邸宅で受験勉強に取り組んでいた。一彦の父、直彦は、東京高裁最年少の若き判事であり、一彦にとっては尊敬と権威に満ちた存在であった。由木原家の隣に、画家の未亡人と娘が引越してきた。るおというその娘は、気位が高く奔放で、いつも画商の木村、カメラマンの阿川、浪人中の沢田などに取り巻かれ、女王の如くに振舞っていた。ある日、海辺で偶然、るおに出会った一彦は彼女の魅力にとりつかれてしまった。そして、パーティの招待を受けた時、一彦は初めて経験するときめきを覚えた。パーティでるおは、取り巻きの男たちを手玉にとっていたが、一彦にだけは優しかった。


解説

16歳の少年が年上の女性に初めての愛を捧げるが、彼女は少年の父の愛人であった、というツルゲーネフの同名小説の翻訳映画化。脚本は重森孝子、監督は「がんばれ!若大将」の小谷承靖、撮影は「デルス・ウザーラ」の中井朝一がそれぞれ担当。


配給-
制作国日本 (1975)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚本
原作
製作
撮影
美術
録音
照明
編集
助監督
スチル

キャスト

俳優名役名
井上純一由木原一彦
二谷英明 (Hideaki Nitani)由木原直彦
南風洋子由木原雅代
原ひさ子由木原きく
仁科亜季子松宮るお
根岸明美松宮道子
中村健介松宮昌夫
笠井うららはつ
塩崎三樹男
岸田森木村
内田勝正阿川
富川徹夫沢田
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック