春らんまん('68)

水木洋子の原作を映画化

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

両親の残してくれた結婚式場を経営する唐沢貞夫には、出戻り娘の冴子、波子、新劇女優鳩子、弟の典二郎の四人のきょうだいがいた。ある日、貞夫は冴子の知りあいの社長山部から静を紹介され、電撃結婚してしまった。おさまらないのは他の四人である。勝手気侭に生活しているところへ静が現われ、唐沢家の実権を握られてすっかりペースが狂ってしまったのだ。四人は相談して、静を徹底的にイビリ抜くことにした。


解説

水木洋子の原作を「ドリフターズですよ! 前進前進また前進」の松木ひろしが脚色したテレビドラマを、「颱風とざくろ」の井手俊郎が映画用に潤色・シナリオ化したホーム・コメディ。監督には「沈丁花」の千葉泰樹があたり、撮影は「燃えろ!太陽」の西垣六郎が担当した。


配給-
制作国日本 (1968)
ジャンルコメディ 


スタッフ

監督
脚本
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
新珠三千代 (Aratama Michiyo)
宝田明 (Akira Takarada)貞夫
白川由美冴子
司葉子 (Tsukasa Yoko)波子
星由里子 (Hoshi Yuriko)鳩子
川上大輔典二郎
浦辺粂子さだ
東郷晴子夏江
森雅之 (Masayuki Mori)山部
草笛光子 (Kusabue Mitsuko)民江
千石規子 (Noriko Sengoku)芳乃
高橋紀子蓮子
藤あきみ和子
五十嵐勝美宏子
京塚昌子宮尾
竜雷太 (Raita Ryu)奈良
藤木悠大竹
上原謙相良
小泉博圭太
一の宮あつ子母親
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック