女に強くなる工夫の数々

千葉泰樹が監督した喜劇

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

七光電気KK宣伝部の会議室は、会社始って以来の荒れ模様。七光電気がスポンサーになるテレビ番組編成会議で社長が提案した“男性飼育コンテスト”に宣伝部員の高山が猛烈に反対したのだ。が、CMソングの作詞者坂井の意見に押されて形勢全く不利。そこへひょっこり入って来た、七光電気の専属モデルCMガールの須田英子までが、恋人である高山の意見を聞く前に、「これが決まれば君に司会をしてもらう」と宣伝部長杉下にいわれて大賛成。とうとう高山の反対は取り入れられない。


解説

「危いことなら銭になる」の池田一朗と「私と私」の笠原良三が共同で脚本を執筆、「河のほとりで」の千葉泰樹が監督した喜劇。撮影もコンビの西垣六郎と「女性自身」の遠藤精一。


配給-
制作国日本 (1963)
ジャンルコメディ 
公式サイト公式サイトはこちら


スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
スチル

キャスト

俳優名役名
宝田明 (Akira Takarada)高山伸
司葉子 (Tsukasa Yoko)須田英子
加東大介杉下大造
淡島千景 (Chikage Awashima)杉下泰子
桜井浩子杉下正子
有島一郎掛川太市
淡路恵子 (Awaji Keiko)掛川良子
フランキー堺 (Franky Sakai)小川信夫
白川由美小川礼子
浦辺粂子小川さだ
高島忠夫 (Tadao Takashima)三宅五郎
団令子三宅めぐみ
藤木悠佐野金作
東郷晴子佐野松代
草笛光子 (Kusabue Mitsuko)中地洋子
植木等 (Hitoshi Ueki)野口等
柳川慶子吉野キミ子
平田昭彦坂井六介
塩沢ときとみ代
伊藤久哉西村係長
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック