青春のお通り

京都伸夫の同名小説を映画化

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

短大でクラスメートだった南原桜子、青柳久子、駒井中子は、お互いにニックネームで呼びあう仲良しであった。チャッカリスカヤと言われる桜子は、卒業するとお手伝いさんになることを決意した。桜子は、人手不足の現在、お手伝いほどボロイ商売はないと思ったのだ。家事サービス職業訓練所に通った桜子は、武庫山高級住宅に住むテレビ作家浪花秀介のお手伝いに決った。浪花家はチャッカリ屋の桜子の出した条件通りの、自由で文化的家庭であった。下見に行った桜子は、浪花家の状況を中子、久子に伝えると、楽しい生活を夢想した。


解説

京都伸夫の同名小説を、「悲しき別れの歌」の三木克巳が脚色、「涙をありがとう」の森永健次郎が監督した青春もの。撮影は「青春の裁き」の藤岡条信。


配給-
制作国日本 (1965)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチール

キャスト

俳優名役名
吉永小百合 (Sayuri Yoshinaga)南原桜子
浜川智子青柳久子
松原智恵子 (Matsubara Chieko)駒井中子
浜田光夫 (Mitsuo Hamada)青柳圭太
杉山俊夫早川虎二
藤村有弘 (Arihiro Fujimura)浪花秀介
芳村真理浪花ユカリ
原泉斎藤カメ
山田吾一ガンさん
亀山靖博西尾三郎
長内美那子瀬木梅香
下條正巳南原安次郎
高野由美南原菊野
神山勝平橋
杉江弘魚崎良平
伊藤寿章監督
守屋徹助監督
平塚仁郎フロント係
池沢竜若い夫
久井和子若い妻
深町真喜子中年の妻A
高田栄子中年の妻B
峰三平管理人
若葉めぐみ看護婦
桂小かん八百屋
天坊準魚屋
川口道江女店員A
大塚トミエ女店員B
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック