上映中

台湾萬歳

酒井充子監督、台湾三部作最終章

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

1895年から1945年までの51年間、日本の統治下にあった台湾。そして東日本大震災の際、台湾から200億円を超える義援金が寄せられたことは記憶に新しい。時代が変わろうとも、台湾の海や大地に向き合い、汗を流して生きてきた人々がいる。“変わりゆく台湾”を描いた前2作に呼応するかのように、本作では“変わらない台湾”の姿を描く。台湾の原風景が色濃く残る台東縣で暮らす人々の生活の中心には、今でも祈りや命への感謝、家族がある。元カジキ漁・漁師や、アミ族のカジキ突きん棒漁師夫妻、伝統的な狩りを続けるブヌン族など多様な民族の暮らしを追い、かつて“麗しの島”と呼ばれた台湾を描く。


解説

台湾の日本語世代を取材した『台湾人生』『台湾アイデンティティー』に続く酒井充子のドキュメンタリーシリーズ台湾三部作最終章。


配給太秦
制作国日本 (2017)
ジャンルドキュメンタリー 
公式サイト公式サイトはこちら

2017年07月22日より



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック