今週公開

オレの獲物はビンラディン PG-12

パキスタンに潜入した“愛国”オヤジの実話

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

オレの獲物はビンラディン

コロラド州の田舎町に住むゲイリーは、ビンラディンをなかなか捕まえられない政府に苛立つ、愛国心に溢れた中年男。ある日ゲイリーは、突然現れた神から「パキスタンへ行ってビンラディンを捕まえてこい」との啓示を受ける。使命感に燃えたゲイリーは何度かの失敗を乗り越え、ようやくパキスタンに到着。しかし彼を待っていたのは、意外にもフレンドリーな地元の人々だった。やがてそんな彼の行動は、CIAの目に留まる事になる。


解説

嘘のような本当の話だが、これは実話が基になっている。主人公は、アメリカが何でも一番という自称“愛国者”。ただしビンラディンは許せないが、せいぜいテレビに向かって文句を言う程度。その上、定職もない、社会の負け犬のような男だが、その彼が突然“神の啓示”を受ける。そしてビンラディンを捕まえると公言しているにも関わらず、なぜかパキスタンに入国までできてしまうのだ。本作はコメディとして描いているが、多分そばにいたらイライラする事間違いなしの、このチョー迷惑男を演じているのは、ニコラス・ケイジ。白髪にして体重も増やした彼の怪演もあり、ドタバタ具合はヒートアップ。アメリカ人の海外への無知ぶりを、このゲイリーというキャラクターを通して体現している。


配給トランスフォーマー
制作国アメリカ (2016)
ジャンルドラマ コメディ
公式サイト公式サイトはこちら

2017年12月16日よりシネマート新宿ほか全国にて順次公開



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック