上映中

チャルカ〜未来を紡ぐ糸車〜

放射性廃棄物の問題に迫るドキュメンタリー。

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

東日本大震災は人間にとって本当に大事なものは何なのかを問いかけ、福島原発事故は経済優先社会が行きついた惨状を見せつけた。それでもなお、人類の環境破壊は止まらず、何十万年以上も毒性が消えないという放射性廃棄物=核のゴミを産み出した。それは、遠い先の子孫たちの住処までも奪っていることにほかならない。高レベル放射性廃棄物の地層処分研究施設のある北海道幌延町の隣町で酪農を営む久世薫嗣さん一家の生き方を軸に、もう一つの研究施設がある岐阜県東濃地域、世界初の地下処分施設を建設中のフィンランド、原子力大国フランスの処分計画地ビュール、さらには新しいエネルギーや生き方を織り込みながら、人類が直面している“核のゴミ処分”の問題を考える。


解説


配給六ヶ所みらい映画プロジェクト
制作国日本 (2016)
ジャンルドキュメンタリー 
公式サイト公式サイトはこちら

2017年08月12日より



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック