上映中

ラストレシピ 〜麒麟の舌の記憶〜

満州で作られた伝説の料理を追う天才料理人

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

ラストレシピ 〜麒麟の舌の記憶〜

2000年代初頭。一度食べた味を忘れず、同じ料理を再現できる“絶対味覚”を持つ天才料理人・佐々木充は、自分が開いた料理店の経営に失敗して借金を抱えていた。そんな佐々木のもとに、中国料理界の重鎮である楊晴明から、彼が1930年代に山形直太朗という日本人料理人と共に満洲国で考案した「大日本帝国食菜全席」のレシピを探して欲しいという依頼が舞い込む。不審に思いながらも、佐々木はレシピを探すため、山形直太朗の足跡を追う…。


解説

「料理の鉄人」の演出を手がけた作家・田中経一の料理ミステリー小説「ラストレシピ 〜麒麟の舌の記憶〜」を滝田洋二郎監督が映画化。一度食べた料理の味を忘れない“麒麟の舌を持つ男”が、1930年代の満州で作られていたという知られざる伝説の料理「大日本帝国食菜全席」の謎を追う。現代に生きる佐々木充を二宮和也が演じ、1930年代に生きた山形直太朗を西島秀俊が演じている。日本、中国、ハルビンの各地で少しずつ明らかになる事実、やがて二人の“麒麟の舌を持つ男”の運命が交錯していく様子は、よく練られた脚本の妙を味わうことができる。オムライス、カツサンドから高級中華料理まで、食欲をそそる料理も満載で、心まで満腹にしてくれる一作だ。


配給東宝
制作国日本 (2017)
ジャンルドラマ 
公式サイト公式サイトはこちら

2017年11月03日より全国にて



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック