港の乾杯 勝利をわが手に

鈴木清太郎第一回作品

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

郷愁にとり憑かれたかのように、一人の男が港町を歩いて行く。木崎伸吉は船乗りだったがある事件の責任を一人で背負ったばかりに、今では魚の担ぎ屋をやっている。昔の仲間に誘われるまま早苗の酒場へ行くと、そこでもなつかしい顔ぶれが明るく彼を迎えてくれた。船員たちからマスコットのように愛されている早苗は、伸吉の弟で競馬騎手の次郎が今日のレースに優勝したら、祝宴をひらくと約束したほどの熱のあげようだった。


解説

「女の学校」の中川順夫が浦山桐郎と共同で脚本を書き、新人鈴木清太郎が第一回作品として監督、「赤ちゃん特急」の藤岡粂信が撮影を担当した。主なる出演者は、「第8監房」の三島耕、「赤ちゃん特急」の牧真介、南寿美子、「丹下左膳(1956)」の河津清三郎、他に天路圭子など。


配給-
制作国日本 (1956)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
三島耕木崎伸吉
牧真介木崎次郎
南寿美子青山あさ子
天路圭子杉本早苗
青木光一流しの仙太郎
菅井一郎トッ爺
佐野浅夫宮口亘
雪岡純宇田騎手
芦田伸介大沢健三
山之辺閃子分喜多
永井柳太郎馬丁
久松晃船員
武藤章生船員
青木富夫 (Tomio Aoki)船員
野口豊船員
衣笠一夫船員
トップ競馬の予想屋
ライト競馬の予想屋
河津清三郎刑事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック