01月27日公開予定

祈りの幕が下りる時

「新参者」シリーズ、ついにフィナーレ

上映スケジュールはコチラ!
祈りの幕が下りる時
祈りの幕が下りる時
祈りの幕が下りる時

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

祈りの幕が下りる時

東京都葛飾区小菅のアパートで女性の絞殺死体が発見される。被害者は、ハウスクリーニングの会社で働く滋賀県在住の押谷道子。殺害現場となったアパートの住人・越川睦夫も行方不明になっていた。松宮たち警視庁捜査一課の刑事たちが捜査にあたるが、押谷道子と越川睦夫の接点がまったく見つからず、捜査は難航する。滋賀在住の押谷がなぜ東京で殺されたのか。やがて捜査線上に浮かび上がる女性演出家・浅居博美。押谷道子は学生時代の同級生である浅居博美を訪ねて東京に来たことがわかるが、浅居博美と越川睦夫の間にも接点がなく、捜査は進展しない。松宮は近くで発見された焼死体との関連を疑い、捜査を進めるうちにその遺品に日本橋を囲む12の橋の名が書き込まれていることを発見する。その事実を知った加賀恭一郎は激しく動揺する。それは、孤独死した加賀の母に繋がっていた…。


解説

2010年4月に連続ドラマとしてスタートし、その後も2本のスペシャルドラマ、『麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜』が公開された東野圭吾原作の「新参者」シリーズ。本作でついに感動のフィナーレを迎える。主演はシリーズ通して加賀恭一郎を演じる阿部寛。「半沢直樹」「下町ロケット」など、数々のTVドラマの演出を手掛ける福澤克雄。(作品資料より)


配給東宝
制作国日本 (2018)
ジャンルドラマ 
公式サイト公式サイトはこちら

2018年01月27日より全国にて



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック