02月24日公開予定

かぞくへ

“かぞく”とはなんだろうか

上映スケジュールはコチラ!
かぞくへ
かぞくへ
かぞくへ

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

かぞくへ

五島列島からプロボクサーを目指し、単身上京した旭。今はその夢を諦め、ジムでボクシング指導をしながら生計を立て、交際相手の佳織との結婚を間近に控えている。そんな折、旭は、幼少期から養護施設で兄弟同然に育った洋人に、東京で仕事を紹介するが、結果、多額の詐欺被害に遭わせてしまう。洋人を苦境に立たせたまま、自分だけ幸せになることに、旭は抵抗を感じ、「結婚を先延ばしにしたい」と佳織に提案する。しかし佳織には、認知症にかかった祖母がおり、一刻も早く花嫁姿を見せたいと、旭の提案に反対する。次第にすれ違っていく旭と佳織。守るべきは、家族のように育った洋人か、これから家族になる佳織か。選択を迫られた旭がとった行動とは…。


解説

家族を知らない男が、つかみかけた幸せを前に、親友と婚約者の間で揺れる…日本の片隅に生きる若者たちの息遣いを骨太に描き出した人間ドラマ。主人公・旭を演じた松浦慎一郎の実話を基に、監督の春本雄二郎がオリジナル脚本を書き上げた。春本は、大学卒業後、松竹京都撮影所の演出部となり、井上昭、石原興らに師事。『鬼平犯科帳』『必殺仕事人2009』など時代劇を多数経験。2010年からはフリーの演出部として、様々な映画やドラマに携わってきており、本作が初監督作品となる。2016年東京国際映画祭スプラッシュ部門で上映され、その後フランス・ヴズール国際アジア映画祭では、NETPAC賞(最優秀アジア映画賞)含む3冠を達成、ドイツ・ニッポンコネクションほか海外映画祭でも高い評価を得た。(作品資料より)


配給『かぞくへ』製作委員会
制作国日本 (2016)
ジャンルドラマ 
公式サイト公式サイトはこちら

2018年02月24日よりユーロスペースにて



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック