上映中

わたしたちの家

PFFグランプリに輝く若き才能、劇場デビュー

上映スケジュールはコチラ!
わたしたちの家
わたしたちの家
わたしたちの家

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

わたしたちの家

もうすぐ14歳を迎えるセリは、父親が失踪して以来、母親の桐子と二人暮らし。最近、母に新しい恋人ができた事に反発している。ある日、セリはお父さんの倉庫からクリスマスツリーを出してくる。サナは突然、記憶をなくしてしまった。自分がどこからやってきたのかわからない。目覚めるとフェリーに乗っている。船内で出会った女性・透子の家に住まわせてもらう事になる――。ひとつの家の中、ふたつの時間が流れている…。


解説

新人監督の登竜門である第39回『PFF(ぴあフィルムフェスティバル)』の「PFFアワード2017」でグランプリを受賞した本作は、弱冠24歳の清原惟監督が、東京藝術大学大学院の修了作品として制作したもの。母親と2人で暮らす13歳の少女の物語と、記憶を失った女性の物語が、変わった構造の家の中で交錯する。時間軸を操作しながら、2つの世界がどう交わるのか、交わらないのかという部分が核になりつつも、謎として残る部分のミステリーが良い味付けだ。清原惟監督は『アカルイミライ』などの黒沢清監督や『M/OTHER』などの諏訪敦彦監督に師事した新たな才能。武蔵野美術大学在学中に発表した『暁の石』『ひとつのバガテル』の両作品もPFFで入賞を果たしている。


配給HEADZ
制作国日本 (2017)
ジャンルドラマ 
公式サイト公式サイトはこちら

2018年01月13日より渋谷ユーロスペースほか全国にて順次公開



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック