上映中

ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男

孤高のファッションデザイナーの創作の秘密

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男

パリでのファッションショーを終えた、デザイナーのドリス・ヴァン・ノッテンは、次のシーズンのデザインを、自分のチームと共に始める。彼のブランドの特徴は、デザイン画を書かない、生地作りから作業を始める事。公私共のパートナーのパトリック、スタイリストのナンシーらと、検討を重ねる。一方、自宅の庭園で摘んだ花を生けるなど、リラックスした面も垣間見せる。やがてパリのオペラ座でのファッションショーが決定する。


解説

エスニック柄、色鮮やかな生地の組み合わせなど、彼がデザインした服は華やかでも、ドリスの普段着は色彩を抑えて驚くほど地味。カメラはファッションデザイナーの創作の秘密を探ろうと、仕事場だけでなく、自宅にも入っていく。一番印象的なのは、彼とパートナーが自宅の庭園で花を摘み、それを部屋の花瓶に生けていくところだろう。また、職人の手による刺繍を重要視し、インドのコルカタにある刺繍工房にわざわざ駐在員を置いて、質の指導に当たっているのにも驚かされる。丹念に試行錯誤を繰り返して自分の「美」を追求していくドリスの姿は、創作を目指す者の指針になるだろう。特にファッション業界を目指す方は、見ておきたい作品。


配給アルバトロス・フィルム
制作国ドイツ=ベルギー (2016)
ジャンルドキュメンタリー 
公式サイト公式サイトはこちら

2018年01月13日よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック