01月27日公開予定

ゴーギャン タヒチ、楽園への旅 R-15

傑作を生んだゴーギャンのタヒチ時代を描く

上映スケジュールはコチラ!
ゴーギャン タヒチ、楽園への旅
ゴーギャン タヒチ、楽園への旅
ゴーギャン タヒチ、楽園への旅

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

ゴーギャン タヒチ、楽園への旅

1891年のパリ、都会に絶望していたゴーギャンはタヒチ行きを仲間たちに説くが、同意するものは誰もいなかった。妻子を残し、ゴーギャンはひとりタヒチへと旅立つ。タヒチに着いたゴーギャンは入院の勧めを断り、さらに島の奥地へ向かう。そこで彼は村の娘テハアマナを見初め、妻にもらう事に。彼女はゴーギャンのミューズとなり、ゴーギャンは多くの作品を生み出すが、その幸せは長くは続かなかった。


解説

後期印象派で、ゴッホやセザンヌと並んで最も知られている画家、ゴーギャン。南洋の女性たちを描いたエキゾチックな作風で知られているが、それが確立したのは最初のタヒチ滞在から。彼は生涯、二度にわたりタヒチに滞在しているが、本作はその1度目の1891年から93年までを描く。文明を拒否して“野蛮人”になろうと友人たちに説くゴーギャン。しかし文明の波はすでにタヒチにも押し寄せ、島の女性テハアマナとの楽園生活も長くは続かない。主役のヴァンサン・カッセルは、困窮と病気に苦しんだゴーギャンを演じるために、貧弱な体に見えるように肉体改造をしたほどの熱演ぶり。そして芸術と生活、理想と現実を成り立たせるのが難しい事は、今も昔も変わらないと、本作は伝える。


配給プレシディオ
制作国フランス (2017)
ジャンルドラマ ラブ・ストーリー
公式サイト公式サイトはこちら

2018年01月27日よりBunkamura ル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック