水溜り

丹羽文雄の短編を井上和男が監督した作品

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

水溜りの多い道路をはさんで貧弱な工場が並んでいる東京の場末の工場街。茂子が事務員をしている須山鉄工場もその一角にあった。茂子の母のツネも雑役婦としてそこで働いていた。茂子と工場主須山との間には肉体関係があった。ツネが就職できたのもそのためだった。弟の武は大学に通っていた。授業料を須山からユスった。女工の村子は武が好きだった。須山鉄工場で首切りが発表された。


解説

丹羽文雄の「水溜り」「校庭の虫」の二つの短篇を、「豚と軍艦」の山内久が脚色し、「悪の華(1961)」の井上和男が監督した。撮影も「悪の華(1961)」の堂脇博が担当した。


配給-
制作国日本 (1961)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチール

キャスト

俳優名役名
川津祐介荒井武
岡田茉莉子 (Mariko Okada)荒井茂子
清川紅子荒井ツネ
倍賞千恵子 (Baisho Chieko)村子
桜むつ子荒井マチ
浜村純荒井兼吉
江美しのぶ百子
村上記代兄嫁富江
瞳麗子鷹川吟子
田中晋二鈴木捷二
西村晃須山鉄工場社長
南原宏治山根
加藤嘉宇井光之
東山幸二小杉
林洋介
佐藤慶 (Kei Sato)加藤
三上真一郎田井
石川竜二教授の息子
吉野憲司清水
柴田葉子里枝
渥美清 (Kiyoshi Atsumi)中年の男
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック