女の一生('67)

ギ・ド・モーパッサンの同名小説を映画化

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

昭和二十一年の春、日本アルプスのふもとの旧家の一人娘伸子は、長い療養生活を終えて帰ってきた。父の友光、母の京子、それに仲の良い女中のお民は、全快した伸子を温かく迎えた。初夏のある日、すっかり体力の回復した伸子は、ハンサムな御木宗一と知りあい、やがて結婚した。伸子は幸福だった。しかし、数カ月もたたないうち、宗一が女遊びが好きで、伸子とも財産目当てで結婚したと知り、ひどい幻滅を味わねばならなかった。その上、宗一はお民を身篭らせていた。惨めな結婚生活に耐えながらも、彼女は数年の歳月を送った。


解説

ギ・ド・モーパッサンの同名小説を、「女たちの庭」の野村芳太郎と、「喜劇 一発勝負」の山田洋次、「大番頭小番頭(1967)」の森崎東の三人が共同で脚色し、野村芳太郎が監督した文芸もの。撮影はコンビの川又昂。


配給-
制作国日本 (1967)
ジャンルドラマ 


スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
スチル

キャスト

俳優名役名
岩下志麻 (Iwashita Shima)弥生伸子
宇野重吉 (Jukichi Uno)弥生友光
長岡輝子弥生京子
田村正和 (Masakazu Tamura)弥生宣一
栗塚旭御木宗一
左幸子 (Hidari Sachiko)お民
竹脇無我 (Muga Takewaki)芳吉
大坂志郎長野先生
高原駿雄彦根三治
小川真由美彦根里枝
左時枝はる美
北城真記子スミ子
瀬良明杉山藤助
江幡高志為さん
星清子はま
稲川善一和尚
水木凉子下宿のおばさん
山本幸栄木村
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック