上映中

アリータ:バトル・エンジェル PG-12

少女サイボーグが闘うSFアクション大作

上映スケジュールはコチラ!
アリータ:バトル・エンジェル
アリータ:バトル・エンジェル
アリータ:バトル・エンジェル

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

アリータ:バトル・エンジェル

地球と火星連邦との没落戦争から300年後の地球。荒廃した地球は、地球最後の空中都市ザレムと廃棄物が積み上がるクズ鉄の町アイアンシティに二分されていた。ある日、医師のイドはゴミの山から300年前のサイボーグの少女の頭部を発見する。彼女を蘇らせたイドだが、少女の記憶は失われており、イドは彼女を“アリータ”と名付けた。やがてアリータは襲ってきた敵と戦ううちに自らの戦闘能力を覚醒。失われた記憶も少しずつ蘇っていくが、アリータを狙う者がいた。


解説

日本の漫画家・木城ゆきとの「銃夢」を原作に、『アバター』などのジェームズ・キャメロン製作、「スパイ・キッズ」シリーズのロバート・ロドリゲス監督で実写化したSF大作。文明が衰退してしまった世界で、かつての少女サイボーグ戦士が蘇り、悪と戦う。「ターミネーター」シリーズや『エイリアン2』のように“強いヒロイン”が活躍するキャメロン節だが、その究極とも言えるのが本作の主人公アリータだろう。ただし今までの作品のようなマッチョタイプの女性ではなく、アリータは小さく華奢ですぐに涙を流す少女の繊細さを持つ。だからアリータが恋する少女から戦闘マシーンに切り替わるところが、本作の最高の見せ場なのだ。話の展開のテンポも良く、誰もが楽しめるSFアクション映画だ。


配給20世紀フォックス映画
制作国アメリカ (2018)
ジャンルSF/ファンタジー アクション
公式サイト公式サイトはこちら

2019年02月22日より全国にて



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック